増毛で使う人工毛髪の寿命

なるべくナチュラルに髪の毛を増やすための方法として増毛が注目されています。増毛は植毛と間違えられやすいのですが、植毛とは全く異なります。植毛はメスなどを使う外科手術であって、髪の毛が薄くなっているところにまだ髪の毛が生えているところから切り取った頭皮を植え込みます。植毛は自分の髪の毛が生えてくるのがメリットですが、手術のため身体に負担がかかりますし、髪の毛が生えてくるまで待つ必要があります。また手術費用も安いわけではないというデメリットもあります。増毛は、頭皮に髪を植えるのではなく、自分の髪の毛の根元に人工の毛髪を括りつけて髪の毛の量を増やす方法になります。かつらとは異なり、わざわざお手入れをするために外したりする必要がなく、頭皮が蒸れることもありません。また、シャンプーも普段どおりできます。そして、かつらをつけているときのようにずれたり、外れたりする心配がなく、ナチュラルな仕上がりで周囲の人に気が付かれてしまう可能性が低いですし、少ない本数で徐々に気が付かれないように髪の毛の量を増やしておくことができるというのもメリットの一つです。また、植毛手術を受けたときのように髪の毛が生えてくるのを待たなければならないということがなく、サロンから出たときにはもう髪の毛の量が増えています。様々なメリットがありますが、あくまでも人工の毛髪なので、抜けてしまったら生えてこないことは分かっておく必要があります。人工の毛髪の寿命は括りつけている自分の髪の毛が抜けた時に人工の毛髪が抜ける訳ですから、自分の髪の毛が抜けたときが寿命ということになります。そのため、長い間放っておいてしまうと髪の毛の量が減ってしまいますから、定期的に調整する必要があります。人工の毛髪が抜けなかったとしても、自分の髪の毛が伸びると、括りつけたところが根元から浮いてしまうので、浮いているのを修正するためにも調整をする必要があります。増毛を施した後は専門のサロンでの調整が必要なので、調整にかかる費用がいくらぐらいになるかについて確認する必要があります。また、ブラシを乱暴にかけたり、擦りながらシャンプーすることも人工の毛髪の寿命を縮めてしまうことになりますので、日常生活にも気を配り丁寧にお手入れして寿命を引き延ばす必要があります。人工の毛髪が何年持続するのかは、髪の毛を増やした人の日常生活の過ごし方や、自分の髪の毛の寿命によって差が生まれますので、はっきりいつまでとは言えませんが、自分の髪の毛の状態が良ければ長く使えますし、どんどん自分の髪の毛が薄くなっていけば、その分早く抜けてしまいます。

無料でできる薄毛対策

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!

増毛で使う人工毛髪の寿命関連ページ

増毛で薄毛を解消しよう!増毛方法について解説!
増毛する前にデメリットについてもよく考えてみよう!
薄毛なら増毛がおすすめです
増毛のために押すツボ
増毛とはどんなものなのか?-メリットからデメリットまでわかる
増毛|抜け毛を減らして髪を増やす方法とは?
増毛|飲み薬はあるの?効果と種類について徹底解説!
増毛|ヘアコンタクトなら気軽に試せる!
ホルモンと増毛や薄毛の関係性
増毛|有名人も利用しているクリニックはどこ?
増毛に最適な自毛植毛を使って髪の毛を増やそう
薄毛の気になる前頭部の生え際を増毛しよう
増毛|内緒で施術したけど、カミングアウトしました。
かつらメーカーが扱っている増毛
薄毛を気にしている男性が増毛を試せない理由とは
増毛と育毛の効果の出方の違いなど
増毛と植毛の違いとは
薄毛対策の1つの方法として増毛法があります
増毛は今人気があります
増毛したところは散髪可能か
接着式増毛法を詳しく解説
増毛にかかる費用の相場について
増毛すると費用は高い
薄毛治療に増毛を利用することができる
増毛する前に口コミを確認して自分に合ったサロンを選ぼう!
増毛スプレーの効果について
増毛効果を高めるサプリとは
増毛に繋がるシャンプーとは
増毛するなら体験施術を受けてみよう
薄毛対策、増毛を維持するには